謝る。

作成日:2015/12/20(日)

■重要

謝る。

あなたは嫌なことを相手にしたことがありますか?その後すぐに 謝りましたか?謝ったのならいいのですが、もしやっていないの なら後々大変なことになります。

どうして謝らなければいけないのか。

自分に非があったのに謝らない最低な人がいます。謝っても許し てもらえないのならいっそ謝らずに相手のせいにしようとしてし まいます。ですが、そんな考えではずっと相手に嫌な思いをさせ たまま生活をすることになります。相手が嫌な思いをするという ことは自分も嫌な思いをするということです。自分自身をこれ以 上嫌いにならないために謝らなくてはいけません。

いつ謝ればいいのか?

謝るタイミングは人それぞれで違うと思います。そしてここが重 要なのですが、相手に嫌なことをしてしまったときすぐに謝りま す。早めの方がいいです。すぐに謝らないと相手は許してくれま せん。

どんな風に謝るのか。

どんな風に謝るのかですが、ポイントは相手の目を見て相手に聞 こえる声ではっきりと反省の気持ちを口にして下さい。相手に分 かってもらうまで、相手が嫌がらないように配慮しつつ謝り続け ましょう。許しを乞わず、ただ謝ることに徹するのです。

謝っても反省し続ける。

謝っても反省はやめてはいけません。自分が相手にしてしまった ときの感情や状況、理由を分析します。二度と起きないように対 策を立てます。

相手に嫌なことをされても

相手からもし嫌なことをされても笑顔で相手を許すことを心がけ ましょう。人間、誰しも間違いがあります。相手がしたことは自 分もする可能性があるのです。自分だけは絶対にしないなんてこ とはありません。

最後に一言

相手に嫌なことをしてしまったときはすぐに謝ろう。

▲TOPに戻る

カレンダー

広告

フリーホラーゲーム一覧DX

モノクロミュージアム個人サイト

人でなしの空間

黒兎のお部屋

阿波屋 index

見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 2016.05.27 First light!